日本刀の販売

トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 刀・太刀 » 刀 伝藤嶋 藤嶋友重(KA-098120)
約600年前(明徳期)の古刀にして健体を保つ優刀。雅味あり古刀好きに魅力の一振也。

刀 伝藤嶋 藤嶋友重 中古刀上作 日本刀剣保存会鑑定書

Katana [Fujishima Tomoshige]N.T.H.K. Paper


刀  伝藤嶋 藤嶋友重 中古刀上作 日本刀剣保存会鑑定書

価格 (price)御成約/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KA-098120

鑑定書:Peper(Certificate): 日本刀剣保存会鑑定書

Country(Kuni)・時代 Era(Jidai)加賀(Kaga)・室町初期 約六百年前 応永頃(Muromati era 1934年~)

刃長:Blade length(Cutting edge): 69,7cm(二尺三寸)  反り:Curve(SORI): 2.24cm(7分4厘)
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.12cm  元鎬重:Thickness at the Moto-Kasane: 0.8cm
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.4cm  先鎬重:Thickness at the Saki-Kasane: 0.6cm 
拵全長:Length of Koshirae : 98cm 
茎:Sword tang(Nakago): 生ぶ、切り鑢目、目釘孔二

体配:Shape(Taihai): 中切先、鎬造り、庵棟、反り有り姿良し。
彫物:Engraving: 表裏に棒樋の彫刻,   
地鉄:Jitetsu(Hada): 板目肌が肌立ち映りある。
刃紋:Temper patterns(Hamon): 匂い出来の互の目。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): 乱れ込んで小丸へ返る。
登録:Others: 山口県 

【解説】本作は、明徳頃の藤嶋友重と極められた御刀です。藤嶋は友重同人で最古の作としては鎌倉末から南北朝にかけての作品が現存します。生国は越前国藤嶋、故に藤嶋と称すると伝えられています。一派は南北朝期に加賀へ移住しました。「賀州藤嶋友重」と銘する応永十六年二月八日紀の脇差の他、応永前後と鑑せられる無銘の遺例が多く残されています。藤嶋は室町後期頃特に繁栄し、その後は江戸後期まで代々続きます。本作は、時代がついた拵が添えられた室町初期、明徳頃の藤嶋友重と極められた御刀です。
体配から、長さ二尺三寸で常寸を保ち、反りが七分四厘とよく利いて、身幅は先幅が落ちず、重ね余裕にして研ぎ減りなどを一切感じさせない定評通り姿が良く健体を保つ応永期の優刀です。地鉄も味古刀らしい肌合いを見せてくれています。鍛え揃ってむらが無い美しい地鉄で見ごたえ十分といったところ。刃紋は尖り心の小互の目で小沸が付いて刃中は明るく冴え、足よく入り、砂流し、金線など細かく様々に働きます。この辺りは新刀期の刀には見ることが出来ない観点となります。刀身に彫られた樋は、横手よりずいぶんと高く始まり、茎先まで鋤き通します。帽子は乱れこんで先小丸へ返ります。先にも述べましたが、何処を見ても古刀としての魅力が満載であり、誠に雅味ある古刀好きにはたまらない一振りとなります。なお、明徳期の藤嶋には脇差が多く、刀は少ない為、貴重な一振りであるとも言えます。日本刀剣保存会鑑定書

全てのVISAカード、Masterカード、NICOSカード、UFJカード、DCカード、
がご利用頂けます。ボーナス一括払い。1~24回まで分割払いも可能。

ご注文はこちらから
注文するorder
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




ご注文はこちらから
注文するorder

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する有限会社誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀・刀剣 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店「日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂」におまかせください