English Page

高品質御刀をお手頃な価格で 銀座誠友堂S-Line

メニュー
トップページ » S-Line » 脇差 陸奥会津住道長(三善長道)(SWA-110122)

最上大業物として広く知られる三善長道の初期銘、道長の御刀です。 小沸良く付き冴えた焼刃が特徴の同工上出来の優品です。

脇差 陸奥会津住道長(三善長道)新刀上作 最上大業物 保存刀剣鑑定書

Wakizashi [Mutsu-Aizu-ju Michinaga][N.B.T.H.K]Hozon Token

脇差 陸奥会津住道長(三善長道)新刀上作 最上大業物 保存刀剣鑑定書
品番: SWA-110122
価格(Price): 650,000円(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)
品番: SWA-110122
Stock No.: SWA-110122
鑑定書: 保存刀剣鑑定書
Paper(Certificate): NBTHK Hozon Token
国・時代: 陸奥国,福島県・江戸時代前期 明暦頃
Country(Kuni)/Period(Jidai): Mutsu (Fukushima),Early Edo period about 1655~)
刃長 Blade length (Cutting edge)
:
54.1cm(一尺七寸九分半)
反り Curve(SORI)
:
1.5cm
元幅 Width at the hamachi(Moto-Haba)
:
3.1cm
元鎬重 Thickness at the Moto-Kasane
:
0.7cm
先幅 Wide at the Kissaki(Saki-Haba)
:
2.3cm
先鎬重 Thickness at the Saki-Kasane
:
0.55cm
Sword tang(Nakago)
:
生ぶ、勝手下鑢目、目釘孔1個。
登録 Registration card
:
奈良県
【解説】

道長は、三善長道の初期銘です。会津の三善一族は長国を祖とし、その子政長から長道へと代々続く陸奥刀匠の名家です。政長は、上京して肥前忠吉と同じく埋忠明寿に学んだ為に山城伝の趣強い作品を多く鍛刀しました。寛永四年(1627年)より父長国と共に会津で作刀を始めました。美濃から移住してきた兼定一派と双璧の三善家はこのときより始まります。政長の子三善長道は、寛永十年(1633年)会津生まれです。会津正宗、会津虎徹とも称され、出来は虎徹にやや類似し、斬れ味の良さは後代まで引き継がれています。長道系は十代(明治)まで会津鍛冶の棟梁としての地位を保っています。長道は、名は藤四郎。叔父長俊に師事しました。はじめ道長と銘を切り、万治二年陸奥大掾を受領後、三善長道と改めます。津田助廣の弟子説もあります。作品は奥州一の名工と称されるに申し分なく、新刀上作、最上大業物に列します。刀銘は、陸奥会津住道長、陸奥大掾藤原長道三善藤四郎、長道、陸奥大掾三善長道などと銘切ります。貞享二年十一月十七日(1685年)没。