English Page

高品質御刀をお手頃な価格で 銀座誠友堂S-Line

メニュー
トップページ » S-Line » 脇差 駿河守藤原盛道(SWA-110121)

二代駿河守盛道の美しい刀姿の出来が良い脇差です。

脇差 駿河守藤原盛道 特別保存刀剣鑑定書

Wakizashi [Suruga-no-kami Fujiwara Morimichi] [N.B.T.H.K Tokubetsu Hozon Token]

脇差 駿河守藤原盛道 特別保存刀剣鑑定書
品番: SWA-110121
価格(Price): 500,000円(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)
品番: SWA-110121
Stock No.: SWA-110121
鑑定書: 特別保存刀剣鑑定書
Paper(Certificate): NBTHK Tokubetsu Hozon Token
国・時代: 尾張国・江戸時代中期 寛文頃(1661~)
Country(Kuni)/Period(Jidai): Owari(Aichi), Middle Edo period about 1661~
刃長 Blade length (Cutting edge)
:
57.6cm(一尺九寸)
反り Curve(SORI)
:
1.0cm
元幅 Width at the hamachi(Moto-Haba)
:
3.15cm
元鎬重 Thickness at the Moto-Kasane
:
0.72cm
先幅 Wide at the Kissaki(Saki-Haba)
:
2.40cm
先鎬重 Thickness at the Saki-Kasane
:
0.55cm
Sword tang(Nakago)
:
生ぶ、化粧筋違鑢目。目釘孔2個。
登録 Registration card
:
福井県 昭和26年登録
【解説】

盛道は初代を慶長頃より同銘で三代まで続く刀工です。本国は美濃国岐阜で、京でも作刀し、のち尾張に移住したと伝えられています。なかでも二代盛道は室屋関と号され最も著名です。
本作品は、その二代駿河守盛道の作品と思われます。刃長が一尺九寸で反りが適度に利く美しい刀姿の御刀です。地鉄は板目肌がよく詰んだ精良な鍛えに地沸がつきます。刃文は匂が深く小沸が厚くつきます。直調子で焼き出し、次第に互の目乱刃となる刃文です。帽子は綺麗に小丸に返っています。茎は生ぶで化粧筋違鑢目キッチリして仕立てが良く、銘も確りと刻され名工ぶりを呈し、錆味も良好で刀身共に健全です。
本刀は、駿河守藤原盛道の出来が良い脇差です。銀着せ一重はばき、白鞘、特別保存刀剣鑑定書。