English Page

高品質御刀をお手頃な価格で 銀座誠友堂S-Line

メニュー
トップページ » S-Line » 脇差 近江守藤原継広 (SWA-080120)

本品は洒落た拵付きの、越前新刀、近江守藤原継広の典型作な作域を示す生ぶ茎で地刃共に健全な秀作です。銀無垢一重はばき。拵、白鞘。

脇差 近江守藤原継広 越前住下坂 附 変塗鞘脇差拵 保存刀剣鑑定書

Wakizashi [Oumi-no-kami Fujiwara Tsuguhiro Echizen-jyu-simosaka] [N.B.T.H.K] Hozon Token

脇差 近江守藤原継広 越前住下坂 附 変塗鞘脇差拵 保存刀剣鑑定書
品番: SWA-080120
価格(Price): 450,000円(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)
品番: SWA-080120
Stock No.: SWA-080120
鑑定書: 保存刀剣鑑定書
Paper(Certificate): NBTHK Hozon Token
国・時代: 越前国・寛文頃(1661~)
Country(Kuni)/Period(Jidai): Echizen(Fukui), Edo period 1661~
刃長 Blade length (Cutting edge)
:
45.7cm(一尺五寸)
反り Curve(SORI)
:
1.0cm
元幅 Width at the hamachi(Moto-Haba)
:
2.95cm
元鎬重 Thickness at the Moto-Kasane
:
0.70cm
先幅 Wide at the Kissaki(Saki-Haba)
:
2.60cm
先鎬重 Thickness at the Saki-Kasane
:
0.60cm
拵全長Length of Koshirae
:
約69cm
Sword tang(Nakago)
:
生ぶ、筋違鑢目。目釘孔1個。
登録 Registration card
:
福島県
【解説】
近江守藤原継広は越前三代康継の門人で、越前福井から近江膳所に移り、江戸にても作刀しました。「近江守藤原継広」「越前国下坂継広」「近江守下坂継広」「近江守藤原継広 越前住下坂」等と銘を切ります。越前国には数多く美濃関からの移住工があって、これらを総称し越前関と呼称します。越前新刀はその優れた斬れ味と実用刀としての優秀さから、旧幕時代には特に重用されていました。
本作は刃名が一尺五寸、バランスが整った姿が良い脇差で、地鉄は板目肌が流れこころで肌現れて地沸つく地鉄です。刃紋は、小沸出来の湾れ刃紋を焼いています。冴えた刃中は所々沸付き砂流し金線が働きます。帽子はそのまま湾れて小丸へ返ります。茎は生ぶで錆味、銘共に良好です。本品は洒落た拵付きの、越前新刀、近江守藤原継広の典型作な作域を示す生ぶ茎で地刃共に健全な秀作です。銀無垢一重はばき。拵、白鞘。