English Page

高品質御刀をお手頃な価格で 銀座誠友堂S-Line

メニュー
トップページ » S-Line » 脇差 国貞(SWA-060320)

奥州宇多郡中村住国貞は相馬市にお住いのお客様には郷土刀となります。遺作が少ない貴重な一振です。

脇差 国貞(奥州宇多郡中村住) 特別保存刀剣

Wakizashi [Kunisada] [N.B.T.H.K Tokubetsu Hozon Token]

脇差 国貞(奥州宇多郡中村住) 特別保存刀剣
品番: SWA-060320
価格(Price): 350,000円(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)
品番: SWA-060320
Stock No.: SWA-060320
鑑定書: 特別保存刀剣鑑定書
Paper(Certificate): NBTHK Tokubetsu Hozon Token
国・時代: 陸奥国・宝永頃(1704~)
Country(Kuni)/Period(Jidai): Mutsu(Fukushima), Edo period 1704~
刃長 Blade length (Cutting edge)
:
49.9cm(一尺六寸四分)
反り Curve(SORI)
:
1.4cm
元幅 Width at the hamachi(Moto-Haba)
:
3.01cm
元鎬重 Thickness at the Moto-Kasane
:
0.72cm
先幅 Wide at the Kissaki(Saki-Haba)
:
2.6cm
先鎬重 Thickness at the Saki-Kasane
:
0.60cm
Sword tang(Nakago)
:
生ぶ、化粧筋違鑢目、目釘孔1個。
登録 Registration card
:
秋田県
【解説】
奥州宇多郡中村住国貞は宝永頃の刀匠で、宇多郡中村は福島県浜通り北部に存在した町で、現在の相馬市中心部に位置する旧城下町です。戦国時代後期から江戸時代にかけて相馬氏の本拠地として盛えたこの地で、国貞は相馬氏の抱え工として活躍しました。本刀は一尺六寸四分の刃長で、身幅、重ねはしっかりした姿が立派な脇差です。練れた地鉄に地沸がつく肌に、湾れ基調に互の目が現れる刃紋を焼いています。刃縁には砂流し金線が絡むように働きます。出来が良い脇差で特別保存刀剣鑑定証がついています。奥州宇多郡中村住国貞は相馬市にお住いのお客様には郷土刀となります。遺作が少ない貴重な一振です。白鞘、特別保存刀剣鑑定証。