English Page

高品質御刀をお手頃な価格で 銀座誠友堂S-Line

メニュー
トップページ » S-Line » 脇差 豊後守金高 附 拵(SWA-040221)

時の名工として知られる二代の豊後守金高の高い技量を伺え知ることができる、優れた出来映えの薙刀造脇差です。作品には時代の黒呂塗刻鞘脇差拵が附いています。

脇差 豊後守金高 附 拵 保存刀剣鑑定書

Wakizashi [Bungo-no-kami Kanetaka] [N.B.T.H.K] Hozon Token

脇差 豊後守金高 附 拵 保存刀剣鑑定書
品番: SWA-040221
価格(Price): 480,000円(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)
品番: SWA-040221
Stock No.: SWA-040221
鑑定書: 保存刀剣鑑定書
Paper(Certificate): [N.B.T.H.K] Hozon Token
国・時代: 美濃国・寛永頃(1624~)
Country(Kuni)/Period(Jidai): Mino(Gifu), Edo period 1624~
刃長 Blade length (Cutting edge)
:
46.3cm(一尺五寸三分強)
反り Curve(SORI)
:
1.6cm
元幅 Width at the hamachi(Moto-Haba)
:
3.12cm
元鎬重 Thickness at the Moto-Kasane
:
0.54cm
先幅 Wide at the Kissaki(Saki-Haba)
:
2.75cm
先鎬重 Thickness at the Saki-Kasane
:
0.50cm
拵全長Length of Koshirae
:
約70cm
Sword tang(Nakago)
:
生ぶ、勝手下がり鑢目。目釘孔2個。
登録 Registration card
:
兵庫県
【解説】
豊後守金高は、濃州岐阜に住して鍛刀した刀工で、安土桃山時代から新刀期寛永頃まで初、二代を数え、永禄七年、元亀三年、文禄五年の年紀のある作刀が確認できます。(之定)和泉守兼定に倣い、他国に先駆けて『豊後守』を受領したことで有名です。金高家は以降元禄頃まで栄えます。本作は二代の金高で時の名工として知られています。金高 豊後守金高 豊後守藤原金高作 濃州岐阜住藤原金高などと銘を切ります。
体配は、刃長一尺五寸三分強。体配は薙刀造で、鎬が棟に向かって重ねが薄く、腰樋を彫り、切っ先は大切っ先になる。身幅が元先確りとして反が利く健全で覇気がある姿の脇差です。地鉄は板目肌が流れ心でよく現れ地沸が付く冴えた地金です。刃紋は、匂口締まり心に明るい小沸が付く湾れ刃紋で、刃中には砂流しなど掛かりよく働きます。帽子は湾れがやや乱れ心で小丸へ返ります。茎は、生ぶで鑢目、刻銘ともによい状態です。豊後守金高の高い技量を伺え知ることができる、優れた出来映えの脇差です。作品には時代の黒呂塗刻鞘脇差拵が附いています。保存刀剣鑑定書。