English Page

高品質御刀をお手頃な価格で 銀座誠友堂S-Line

メニュー
トップページ » S-Line » 脇差 越前国住兼則 拵入(SWA-040122)

表に武運長久,裏には子孫繫昌を刻した願いのこもった一振です。江戸時代中期に作られた拵に納められています。

脇差 越前国住兼則 正保元年甲申八月吉日 拵入 保存刀剣鑑定書

Wakizashi [Echizenkoku-ju Kanenori][N.B.T.H.K]Hozon Token

脇差 越前国住兼則 正保元年甲申八月吉日 拵入 保存刀剣鑑定書
品番: SWA-040122
価格(Price): 500,000円(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)
品番: SWA-040122
Stock No.: SWA-040122
鑑定書: 保存刀剣鑑定書
Paper(Certificate): NBTHK Hozon Token
国・時代: 越前国・江戸時代前期 正保元年(1644)
Country(Kuni)/Period(Jidai): Echizen(Fukui), Early Edo period 1644
刃長Blade length(Cutting edge)
:
54.2cm(一尺七寸九分)
反りCurve(SORI)
:
1.6cm
元幅 Width at the hamachi(Moto-Haba)
:
3.30cm
元鎬重 Thickness at the Moto-Kasane
:
0.70cm
先幅 Wide at the Kissaki(Saki-Haba)
:
2.80cm
先鎬重 Thickness at the Saki-Kasane
:
0.55cm
Sword tang(Nakago)
:
生ぶ、筋違鑢目、目釘孔1。
拵全長Length of Koshirae
:
約81cm
登録 Registration card
:
大阪府
【解説】

兼則の名跡の初代は 志津三郎兼氏の子である兼友の子が初代の兼則(應永)であり、子孫は三阿弥派を興す名工です。越前兼則は美濃から室町時代末期~新刀初期にかけて越前一乗に移住されたと伝えられています。本作の兼則は年紀から、正保に活躍した兼則です。良業物としてもその名を轟かせる名工です。
本刀体配は、刃長が一尺七寸九分、身幅重ね尋常、鎬筋凛とし、適度に反って上品な姿を呈した美しい御刀です。鍛えは、小板目肌がよくつみ杢目肌風になり明るく冴えた地金です。刃文は、沸が良く付いた直で焼き出して互の目乱れとなる刃文を焼き、刃中には砂流し、金線が働きます。帽子はそのまま上品に小丸へ返ります。茎は生ぶで、表に武運長久を裏には子孫繫昌を刻した願いのこもった一振です。江戸時代中期に作られた拵に納められています。内外揃って楽しめる脇差だと思います。変わり塗鞘脇差拵入。赤銅一重はばき。保存刀剣鑑定書。