English Page

高品質御刀をお手頃な価格で 銀座誠友堂S-Line

メニュー
トップページ » S-Line » 刀 丹波守吉(以下切)(丹波守吉道 大阪二代)(SKA-100121)

丹波守吉道(大阪二代)。本刀、身幅・重ねともにガッシりとして、吉道系統の特色が示された豪壮かつ華やかな優品としてご紹介します。

刀 丹波守吉(以下切)(丹波守吉道 大阪二代) 保存刀剣鑑定書

Katana [Tanba-no-kami Yoshimichi(Osaka)] [N.B.T.H.K Hozon Token]

刀 丹波守吉(以下切)(丹波守吉道 大阪二代) 保存刀剣鑑定書
品番: SKA-100121
価格(Price): 700,000円(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)
品番: SKA-100121
Stock No.: SKA-100121
鑑定書: 保存刀剣鑑定書
Paper(Certificate): NBTHK Hozon Token
国・時代: 摂津国・江戸時代中期 寛文頃(1661~)
Country(Kuni)/Period(Jidai): Setsu(Osaka),Middle Edo period 1661~
刃長 Blade length (Cutting edge)
:
68.2cm(二尺二寸四分半)
反り Curve(SORI)
:
0.5cm
元幅 Width at the hamachi(Moto-Haba)
:
3.05cm
元鎬重 Thickness at the Moto-Kasane
:
0.71cm
先幅 Wide at the Kissaki(Saki-Haba)
:
2.50cm
先鎬重 Thickness at the Saki-Kasane
:
0.55cm
Sword tang(Nakago)
:
切鑢目、目釘孔3個。
登録 Registration card
:
東京都
【解説】

丹波守吉道、大阪二代の作品。刻銘は丹波守吉道、三品丹波守吉道などと銘を切ります。大坂初代丹波守吉道の子で三品五郎兵衛と称し、作風は小板目肌が細かく詰んだ鍛えに沸出来の大互の目乱れ、簾刃、あるいは菊水刃、などを焼く作品が残ります。
本刀、刃長が二尺二寸四分半、身幅、重ねが確りとして、切っ先やや延びます。地鉄は板目肌に細かな地沸がつきます。焼き刃は広く、刃縁に沸がよくつきます。刃文は変化に富んだ互の目乱れに吉道系の特徴である簾刃風の刃を交えます。刃中には足と葉、砂流しが入って華やかに働きます。帽子はやや湾れ、先掃きかけて小丸に返ります。常に安定した人気を誇る丹波守吉道の作品、本刀も大阪二代の作として特徴を抑えた、鑑賞して飽きのこない作品です。白鞘、金着せ一重はばき、保存刀剣鑑定書。