English Page

高品質御刀をお手頃な価格で 銀座誠友堂S-Line

メニュー
トップページ » S-Line » 刀 二十七代兼元(SKA-050120)

二十七代兼元の孫六三本杉刃紋を焼いた上出来の御刀です。拵も立派で魅力いっぱいの逸品です。バリっとして鑑賞刀に。また上段者の居合刀としてもお薦めです。

刀 二十七代兼元 昭和乙丑年二月吉日 附 黒呂塗鞘打刀拵

Katana [Kanemoto(27th generation)]

刀 二十七代兼元 昭和乙丑年二月吉日 附 黒呂塗鞘打刀拵
品番: SKA-050120
価格(Price): 売約済/Sold Out
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)
品番: SKA-050120
Stock No.: SKA-050120
鑑定書: 現代刀につき未鑑定。
Paper(Certificate): None
国・時代: 岐阜県・昭和六十年(1985)
Country(Kuni)/Period(Jidai): Gifu, Showa period 1985
刃長 Blade length (Cutting edge)
:
72.6cm(二尺三寸九分)
反り Curve(SORI)
:
1.8cm
元幅 Width at the hamachi(Moto-Haba)
:
3.26cm
元鎬重 Thickness at the Moto-Kasane
:
0.76cm
先幅 Wide at the Kissaki(Saki-Haba)
:
2.7cm
先鎬重 Thickness at the Saki-Kasane
:
0.6cm
拵全長Length of Koshirae
:
約107cm
Sword tang(Nakago)
:
生ぶ、鷹羽鑢目。目釘穴1個。
登録 Registration card
:
岐阜県
【解説】
【解説】二十七代兼元は大正13年(1924年)~平成20年(2008年)二十七代孫六の本名は金子達一郎。号は孫六です。岐阜県関市稲口に住んで、昭和12年に日本刀鍛錬所に入所し、渡辺兼永の門人となります。昭和19年に孫六兼元の二十七代目を襲名し、志津兼氏や孫六兼元の作風をねらった作品を鍛刀し数々の受賞を果たして、昭和55年に関市産業功労賞受賞、平成元年に関刀匠会会長就任し、平成9年には岐阜県重要無銘文化財に指定されました。平成20年に83歳で亡くなるまで多くの門人の育成にも力を注ぎました。
本作体配は元幅、先幅重ねともにがっしりとして、反りの加減が丁度良い姿美しい御刀であります。地金は板目肌が流れ心でよく練れる鍛となり地沸がつきます。刃紋は師が得意とする三本杉刃紋です。鋩子はそのまま乱れて小丸へ返ります。茎は生ぶで仕立が丁寧できっちりと銘が刻されております。二十七代兼元の孫六三本杉刃紋の御刀は、今や、入荷待ちになるほどの人気ぶりで、何処の刀剣店も在庫が無いという状況です。本刀は文句なし立派な刀身に、写真のように立派な拵が付いています。金具もご覧の通りで高級なものでまとめられております。二十七代兼元の孫六三本杉刃紋を焼いた上出来の御刀です。拵も立派で魅力いっぱいの逸品です。バリっとして鑑賞刀に。また上段者の居合刀としてもお薦めです。白鞘、黒呂塗鞘打刀拵、銀無垢一重はばき。