日本刀の販売

トップページ » 店主ご挨拶
Storekeeper's Greetings
銀座 誠友堂 | 生野 正

日本刀は世界に誇れる鉄の芸術品です。 日本刀誕生の本来の目的は武器ですから,生死を決する戦いの中で折れず曲がらずよく切れるという、武具として截断の機能を最大限に追及し、併せて耐久性をも重視したものでなければなりません。この一切の無駄を省いた姿・形に崇高な日本刀の美の世界があります

日本刀の特色である姿や反り格好は、製作された歴史の中で、それぞれの必要性に応じて改良されて進化してきました。また、火の中で生まれる神秘的な日本刀は、古来より信仰と権威の象徴ともなり、さらに日本人の精神の拠りどころとして大きな役割を果たしてきました。人が生まれて死ぬまでの間、けがれから身体を守るという意味で御守り刀とも称され,中には千年の時を越えて大切に保存され現代にその姿を伝えているものもあります。

日本刀は単なる武器ではありません。まことに貴重な歴史資料であり、文化遺産なのです。私たちは日本刀を鑑賞することで、悠久の時代と歴史にロマンを馳せ、日本の文化を感じることが出来ます。

このように手にとる者を魅了する日本刀は、日本はもとより世界中に鉄の美術品として、剣の最高峰として認められています。鍛えられ、研ぎ澄まされた日本刀には格調高い品格が備わっており,他のいかなる美術品も達することが出来ない魅力が秘められているのです。戦国時代には、勲功をたてた褒美として、主君から城や領地ではなく日本刀を贈られることもあり、当時より、刀はお金だけでは計れない価値を備えた宝であったことが分かります。現代においても、国宝・文化財に一番多く指定されているものは日本刀であり、全世界で武器とされる刀剣類の中で、これほどの価値と芸術性を持ったものは他にありません。

一般的に美術品の価格は変動が激しいものです。バブル期に20億円もの大金で取引された絵画が、その後大きく値を崩し、また先のリーマン・ショックでも追い討ちを掛けるかのように値を下げました。しかし、日本刀に関しての価格変動は小さなものでした。日本刀は決して安い美術品ではありませんが、古銭や絵画のように数分の一に値崩れしない財産といえるでしょう。

天下に名高い名刀の収集は難しいものです。有名な刀工が造った刀は材料も技術もよく、たしかに一級品ですが、あまり名前が知られていない刀工の作品にも心を打つ逸品があります。無銘でも出来の良い刀は鑑賞していて飽きないものです。位の低い刀匠の作品といえども欠点を探すのでは無く長所を認める人にこそ、自慢の一振りが縁を持つものと信じます。サラリーマン、庶民にも良い日本刀を手にするチャンスはあるのです。当店にお任せ下さい。当店は、高品質で高付加価値のある日本刀を幅広い層のお客様にご紹介し、皆様にご満足していただけるお店でありたいというこだわりと信念の下、日々努力運営しております。

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店「日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂」におまかせください