日本刀の販売

本作は、幅広い豪壮な姿態を呈し鎌倉中期の時代色が示され、来国行の特色を顕現した優品である。

刀 無銘 来国行 第55回重要刀剣

Katana [Rai Kuniyuki] [N.B.T.H.K]Jyuyoutouken


刀  無銘 来国行 第55回重要刀剣

価格 (price)御問い合わせ下さい(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KA-060517

鑑定書:Paper(Certificate): 重要刀剣

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai): 山城国(Yamashiro) 鎌倉時代中期(Kamakura era)

刃長:Blade length(Cutting edge): 69.45cm(二尺三寸弱) 反り:Curve(SORI): 1.6cm
元幅:Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.1cm 
先幅:Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.0cm
茎:Sword tang(Nakago):  大磨上、先切り、鑢目切り、目釘穴3

体配:Shape(Taihai): 鎬造、庵棟、反りやや深い、中切っ先延びる。
彫物:Engraving: 表裏に棒樋を掻き流す。
地鉄:Jitetsu(Hada): 小板目詰む、地沸え微塵に厚く付き、地景入り、淡く映り立つ。
刃紋:Temper patterns(Hamon): 中直刃に小丁子、小互の目、飛び焼き交え、匂深く様々に働く。
帽子:Temper patterns in the point(Bohshi): 乱れ込み、先やや尖り、小丸へ返る。
登録:Registration Card:  東京都

【解説】国行は、来派の事実上の祖であり、短刀の確実な遺例は僅かに一口のみであるが、太刀の在名作は比較的多い、国行の作刀には製作年紀を添えたものは皆無で、その子と伝える二字国俊に弘安元年紀があることから、通説の康元頃という年代は妥当とみられる。彼の太刀姿は、細身、尋常なもの、身幅がたっぷりとして豪壮なものなど種々見られる。
この太刀は大磨上無銘であるが、輪反りごころがなお深くつき、幅広い豪壮な姿態を呈し鎌倉中期の時代色をよく示している。地には沸映りが立ち、刃紋は小丁子、小互の目など複雑に乱れて、変化をみせており、焼頭に小模様の飛焼・湯走りがかかる様には同工の特色が明示されている。僅かに大肌を交えるものの、地刃が健全であり、同工の特色を顕現した優品である。白鞘、金着二重はばき、第55回重要刀剣指定。

ご注文はこちらから
注文するorder
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




ご注文はこちらから
注文するorder

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する有限会社誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀・刀剣 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店「日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂」におまかせください