日本刀の販売

トップページ » 日本刀販売 刀剣販売 刀販売 » 刀・太刀 » 太刀 備前国長船住長光(KA-010919)

太刀 備前国長船住長光 嘉元二年十二月日 第五十九回重要刀剣

Tachi [Nagamitsu]Jyuyo Token


太刀 備前国長船住長光 嘉元二年十二月日 第五十九回重要刀剣

価格 (price)御成約/sold out(JPY)
(消費税込。10万円以上の商品は国内送料込)

品番:KA-010919

鑑定書:Paper(Certificate): 第59回重要刀剣鑑定書

 

国 Country(Kuni)・時代 Era(Jidai): 備前国,岡山県(Bizen)・鎌倉時代末期 嘉元2年(Kamakura era 1304)

【重要刀剣図譜より】

法量 長さ六八・八糎 反り二・一糎 元幅二・八五糎 先幅一・七糎 鋒長さ二・一五糎 茎長さ一八・八糎 茎反り〇・四糎
形状 鎬造、庵棟、身幅尋常、元先の幅差開き、腰反り高く踏張りつき、先へも反り加わり、中鋒。
鍛 小板目つみ、地沸微塵に厚くつき、地景細かに入り、乱れ映り鮮明に立つ。
刃文 直刃調に小丁子・小互の目が交じり、足・葉入り、匂勝ち小沸つき、金筋・砂流し僅かにかかり、匂口明るい。
帽子 直ぐに小丸ごころ。
茎 生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢目筋違。目釘穴2個、佩表棟寄りに長銘、裏に同じく年紀がある。

説明 長光は、長船派の祖である光忠の子で、長船二代目であり、現存する在銘の作品は鎌倉時代の刀工の中でも最も多いが、何れも出来にむらがなく、技倆の充実していたことが知られる。
その作風は大別して、父光忠風を継承した感のある豪壮な造り込みに、華やかな丁子主調の乱れを焼いたものと、身幅が尋常か細身の姿に、直刃調丁子足の入った比較的穏和な出来口の二様が見られる。
この太刀は地鉄は小板目がつみ、地沸微塵に厚くつき、乱れ映りが鮮明に現れ、刃文は直刃調に小丁子・小互の目が交じり、匂勝ちに小沸つくなど、長船長光の後期の典型的作風を現している。
地沸を微塵に厚く敷き、乱れ映りの鮮明に立った鍛えは長船正系らしく大変精美で、刃文も匂立ちよく明るく冴え、嘉元二年紀も同工最晩年の年紀作として資料性が高い。

ご注文はこちらから
注文する(日本語) ORDER (English)
誠友堂の商品はすべて二つとない、一品物でございます。
お求め逃がしのございませんよう。
掲載されている商品は店舗でご覧いただけます。ご来店の前にお電話にてご確認ください。
電話・メール・WEBで問い合わせる銀座店のご案内はこちら

写真画像

写真をクリックすると、拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の写真に、右側をクリックすると次の写真に移動します。下部に閉じるボタンがあります。




刀の新着一覧はこちら刀・太刀の一覧はこちら
新着日本刀ピックアップ
新着商品をもっと見る

ご記入頂きましたお客様の個人情報は、日本刀・刀剣 誠友堂を運営する株式会社 銀座 誠友堂が適切かつ安全に管理いたします。個人情報の取扱いに関して詳しくは、弊社の販売規定をご覧ください。

日本刀販売 株式会社 銀座 誠友堂
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2階
メール: touken@seiyudo.com   電話:03-3558-8001

特定商取引法に基づく表示

 

日本刀と刀剣のことなら、日本刀・刀剣・火縄銃のオンライン販売専門店日本刀・刀剣・火縄銃 販売の誠友堂におまかせください